チャイナドレス

女装における女性美の追求は、すなわち体のラインの美しさへの拘りともいえます。それはあらゆるジャンルの衣装で表現出来るのですが、最も有利なものがチャイナドレスなのではないでしょうか。過剰な装飾が一切なく、スリットで脚線を強調し、ボディーへのフィット感でさらにセクシーさを押し出します。だけど、この衣装の難しいところはピッタリサイズが大前提であるところ。女の子でもこれは超難題です。胸はいいけど腰周りがキツイ、ウエストはピッタリでもおしりが入らない等、問題が続出します。でもこのスタイルで超美人を作り上げるには、体と衣服の少しの隙間も許してはくれません。「これくらいなら、まぁいいか」がイメージダウンにつながってしまいます。すこし動きづらいくらいがキレイなシルエットを作ってくれるのだけど、そうなると誂えるしかありません。でも色んな女装を楽しむにはそれは不合理な事ではないでしょうか。そこで、少し大きめを買って部分的に縫い縮める等、工夫を凝らすことが得策だと思うのですが、写真を撮影する時などは、見えないところでクリップをとめるとかでも充分です。出来るだけ効率よく美しいシルエットを決めましょう。


コスチューム・インデックスへ