明確な目的意識

より美しい女装を考える前に、当社の業務を通して得た情報を基に考えを述べると、モデルやタレントなどはデビューの当初は別段一般の女性と外見上はランクに差異はなく、その職業に於いて意思レベルが高まるにつれ輝いてくる過程をよく目の当りにします。彼女達と個人的な付き合いをすると、あらゆる事に消極的だった性格が、業界の中で「見られる」という仕事をして行く中に職業人としての自覚が芽生え、それにつれてタレントとしての素質を発揮しだし、画像の写りもそれに準ずる事になります。男性が女装をすることに於いても同じようなことが言えるのかもしれません。装いに対して拘りを持ったからこそ、その行為に至ったことを忘れてはならず、単なる真似事に近い女装に終わってしまっては、せっかくの機会を損失させることになり兼ねません。自分を知りその特性を把握して独創性を発揮してこそ、表現という領域の中での美しいプレイと言えるのではないでしょうか。「スキの無さ」「清潔感」「知性美」等、どんな抽象的な表現でも発想の起点と考えれば自然と培われていく物もあるはずです。明確な目的をもつ事は大変重要です。奇跡の一枚の写真を目指すと言う些細な目標も人生を変えてしまうかも知れないのです。多いに女性を謳歌しようではありませんか。