アイブロウ

眉を描く道具の事で、パウダーやペンシル、マスカラタイプなど様々な種類がありますが女装初心者の場合、敢えて選ぶなら描き易さからもペンシルではないでしょうか。カラーは髪の毛の色に合わせるのが基本ですが、どちらかと言うと黒目の方は、モスグリーンかカーキー。ここがポイント、黒っぽくても茶っぽくても不思議に違和感無く溶け込みます。同色で合わせようとすると逆に不自然です。まさかと思う方は一度試して見て下さい。極端な色でない限り非常にマッチします。明らかに茶系の場合はこの限りではありませんが、出来るだけトーンを一致させるように選びましょう。次に描き方ですが、まず形を整えなくてはいけません。画像を参考にして、出来るだけ自然に毛を1本づつ埋めるような感覚で進めてください。ポイントは3等分して眉尻3分の1をなだらかに下ろすのですが、その際、眉頭よりも下にならない事と部分的に濃く描かないこと。形から極端にはみ出す毛は毛抜きで抜くかシェーバーで剃ってもOK。でも、あまり神経質に形を作る必要はありません。整いすぎると逆にメイクを濃く見せてしまう場合があるのです。いわゆる、「けばい化粧」は女装を違和感のある雰囲気へと導いてしまうのです。




インデックスページへ戻る