まつげ

元のまつげに様々な調整を加えるよりも、若干ビューラーで上げておいて付けまつげを使う方が有効です。ボリュームのある物、人口である事が解らない程、若干足すくらいのもの、また目じり側だけに補足するタイプ等、あらゆる種類の物が市販されているので女装の衣装に合わせて選びましょう。マスカラは不要な場合も多いのですが、物足りなければ薄くつけて下さい。あくまで過剰にならないように。自毛でメイクをする場合は、まずビューラーでしっかり上げてからマスカラの前にベース(繊維質ののりの様なもの)をつけ、できるだけ長くなるように仕上げます。一度に多くの量を乗せるのではなく、すこしづつ何回にも分けて重ねづけをするとボリューム感が一段と増して来ます。ダマになるとナチュラルな雰囲気が壊れてしまうので、あせらず丁寧にフィットさせる感覚でつけていきましょう。ポインントは、先ではなく根元にしっかり定着させることです。



インデックスページへ戻る