チーク

普段はつけ過ぎは厳禁ですが、女装の撮影の場合はフォトスタジオ内の光量が多い為、あまり目立つことはありません。メイドや女子高生など、可愛く仕上げる場合は、頬骨の高い位置に丸くポイントでぼかします。ピンクやオレンジなど、濃いめに付けてキュートな雰囲気を演出しましょう。ゴスロリやファッションモデルのようなモード系に大人っぽく仕上げる時は、こめかみの下辺りから口角の脇くらいまでナナメに大胆に入れるのがコツ。色もブラウンやパープルなど冒険してみるのも良いでしょう。OLスタイルや和装では出来るだけ自然美を強調できるように、血色が良く見える範囲で頬の中央から外側に向かって丸く入れるのがポピュラーです。カラーはピンク系、オレンジ系など、リップに合わせるのが良いでしょう。このようにチークの存在は、多様なコスチュームに彩りを加える事が可能で、女装の表現領域を広げてくれる優れものです。




インデックスページへ戻る