金髪

女装の場合、ショートでもロングでもこの色を敢えて真っ先に購入する人は珍しいのではないでしょうか。いったいどんなファッションに合うのか、と言う事になるのですが、ショートカットの場合は1960年代、小枝のような細い手足でモデル業界を一世風靡したツィギーが着ていた様なサイケ調の超ミニスカや、長くてカールタイプなら姫系とかゴスロリとなるのでしょうか。前者はかなりボーイッシュに、後者は、マンネリ打破的感覚でメイクなんかも思いっきり拘って退廃的イメージを醸し出せれば、独自の世界を築けるかもしれません。でも冷静に考えてみると、今更むかしの外人モデルのマネをしなくても、金髪で特殊イメージを狙わなくても、オーソドックスに茶髪くらいの方が、どんなニュアンスにもマッチするし、汎用性はありますよね。実際にゴスロリ派の人もノーマルに着こなす方が上品だし容易な分、その幅も広がるから、と言う女装子さんが多いような気がします。ウィッグはたくさん持っていて、ここらでチョット趣を変えたい!と言われる方は冒険あるのみですが、その場合もあまり奇をてらうと仮装行列っぽくなるので注意しましょう。



ウィッグ・インデックスへ