アシンメトリーヘア

左右が非対称の状態を指します。髪の毛をカットする場合、通常は均等に形を作るのですが、長さやボリューム、色などをわざと不均衡にして動きを出しアクセントをつけます。裾や顔周りだけでなく前髪も揃えずに不ぞろいにしたりするのですが、アンバランスが魅力なだけに、あくまでも切り損なった感じにならない様に注意する必要あり。輪郭とのバランスもよく考えなければなりません。スタイルの例を挙げると、ショートなら襟足の長さを左右で長短にするとか、ミディアムならどちらかにボリュームを持たせるとか、ロングは、ルーズなおだんごを高い位置と低い位置に作る等すると、ポップで可愛いアシンメトリーが出来るでしょう。しかし、女装の場合は、ウィッグがメインになるのでこの髪型を探すのは困難だし、元々のスタイルをアシメにしてしまうのは汎用性を考えると難しいしょう。それなら片側にロングのヘアを流す形や、片一方の耳にかける等の方法でベースのスタイルを完全に変えてしまう事無くアンバランスを楽しむ方が無難と云えます。女装はあくまでナチュラルに装うのがベスト。ノーマルを飛び越えて、敢えて挑戦するのは最終手段のような気がするのですが・・・。

用語解説・インデックスへ