ライン

女装・ファッションの話をする際に頻繁に使用される用語で、クリスチャン・ディオールが概念として打ち出し、スーパーモデルの元祖ツィッギーによって全世界にこの言葉を一般用語として普及させました。女装のコスチュームを考える場合、衣服の影となる部分のありかたが色々な分類を生み、ファッションとしてのバラエティーに発展するのですが、それは着用後のシルエットに対するものであり、それを概念化したものが「ライン」であると言えるのです。下記に示しました種類に大別できます。

A ・・・ 英大文字の「A」の外見どうりで、裾広がりの物をいいます。
H ・・・ 上下の関係において、湾曲がなく同一の幅で展開されるデザインをさします。
プリンセス ・・・ 英国のエドワード7世妃が皇太子妃時代によく着ていた衣服が、ウエスト部分の括れをタックの詰めで表現ていた事に由来しており、この手法によって作られたドレスを意味する場合が多いようです。
マーメード ・・・ 翻訳すると「人魚」となるのですが、それをイメージして人魚の尾びれの様に膝から下が広がっているものを指します。




用語解説・インデックスへ